2009年01月28日

大分スポーツ公園総合競技場

ドーム.JPG

朝散歩してきました。大分ではビッグアイの方が通りは良いです。 サッカーのワールドカップ日韓開催では九州で唯一開催場所になった場所です。

『陸上競技場だけでなく、球技場としても使用され、Jリーグ・大分トリニータがホームスタジアムとして使用している。 施設は大分県が所有し、大宣が指定管理者として運営管理を行っている。 建築家黒川紀章が設計を手掛けた。 施設の命名権(ネーミングライツ)売却により、2006年3月1日から通称を九州石油ドーム(きゅうしゅうせきゆドーム)としているが、九石ドームという略称も使用される。 また近くには、キーテナントにジャスコが入ったショッピングセンターの「パークプレイス大分」がある。』
(『』ウィキペディアより引用しました)

2009年2月までは九州石油が権利を持っています。しかし、エネオスとの合併によりこのドームの名前がまた変更になるかも知れません。キャノン辺りが候補?
いや不況でだめか・・・・。どうなんだろう?
posted by ひろ at 13:02| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。