2009年03月28日

年金の証書がきました。

mimoza (3).JPG

待っていた年金の証書がきました。年金の受け取り額はやはり少ないです。これでけでは生活するのは無理です。貯金の取り崩しをしなければならないです。来月から支給されます。2ヶ月に1回です。

予想していたこととはいえ、現実になってみるとその厳しさが身にしみます。貯金もままならない金額です、来月からは耐乏生活です。頭を切り換えて生活します。

今までの生活でも贅沢をしていたわけではありません。切り詰めて生活することが求められます。
とにかくやるしかないです。

今は働けない体です。しかし、働くことを放棄してしまうことは考えていません。いずれ働きたいと思っています。そのための準備もしています。資金がなくなった今どうやって捻出するか頭が痛いところですが、当面は少ない貯金からあてることになります。

計算してみたところ大半の生活費は年金を充てていけます。しかし、それで全部消えます。後、車の維持費、医療費などがどうしても年金では無理ですので貯金から出すことになりそうです。

母も年金生活者ですが、私が入れているお金で何とかしていました。これからもそれをしていくつもりですので、私がお金の管理を厳しくして少しでも家計のやりくりができるようになれば良いなあと思います。

とにかく机上では少しの赤字ですが、現実にやってみないと実際は分かりません。大幅な赤字も考えられます。来月からが心配です。家計簿をつけて生活してみます。どこが無駄か分かると思います。

家計簿なんても今までつけたことがありません、子どもの頃お小遣い帳をつけていたことがあります。
自分で1ヶ月の収支をつけるのは難しいかなあ?でも、やってバランスを考えないと大変なことになるのは目に見えています。頑張ってみます。
ミモザです。
posted by ひろ at 06:25| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。